株式会社オムニアライアンス
株式会社オムニアライアンス オムニアライアンスは
リスクヘッジと資産形成のスペシャリストです
  • TOP>
  • 個人のお客様>
  • 保険選びの考え方

保険の金額と期間を求めましょう

保険を選ぶときに大切なことは「自分に合った保険を選ぶ」ということです。保険の「金額」と「いつまでその保障が必要か」を決めていくことが大切です。

具体的な選び方

保険で準備が必要なのはどのようなシーンでしょうか?

万一の時の家族の生活のため?病気やケガの時のため?老後の資金準備のため?

4つの形
死亡医療
介護長生き

どのくらいのお金が(=保険の「高さ」)

4つのリスクの中で、どれだけのお金を準備しておかないといけないのか考えてみましょう。

万一のとき(死亡)
あなたに万一の事態がおきたら、残された家族の生活はどうなるでしょうか?必要金額は、月々の支出、教育費、国の保険や企業の保障から算出します。
病気・ケガのとき
病気やケガで入院ということになると意外に出費が多くなります。特に準備したいのが、大きい病気に対するものです。働くことができず、収入が減る可能性があるからです。
介護のとき
社会問題にもなっていますが、お子様や家族のに迷惑をかけないためにも、もし介護状態になったら時のためにも、お金は準備しておきたいものです。
老後を迎えたとき
定年を迎えて、これからの生活を楽しむ時期。公的年金の収入もありますが、やはり働いていた時よりは収入は減ってしまいます。生活を楽しむためにも早いうちから準備したいものです。

どのくらいの期間必要なのか?

上記の保険がいつまで必要になるのでしょうか?「一定の期間」か「一生涯」かを決めましょう。
「一定の期間」を選ぶ場合「退職するまで」や「子供が社会人になるまで」老後への備えなら「定年退職するまで」という考え方もあります。これが保険の期間にになります。